医療ニュース 役立つ医療関連最新ニュースをピックアップ

HOME医療ニュース > 最新の医療・介護セミナー研修のリリース情報(1)

ドクターに、医療現場に役立つ情報やセミナーニュースを配信。毎日の情報収集にお役立て下さい。

様々な分野で実績ある医師をインタビューし、リアルな声を皆様へお届けしています。

関連コンテンツ

情報交換の場に活用。医師が集うSNS。
(このサイトは、現在公開予定です)

医師が発信するブログコンテンツサイト。

d-sqを運営する(有)メディカルスクウェアのスタッフのブログです。毎週更新しています。

医師・医療機関の方に必要な商品を販売するECサイト(このコンテンツは現在公開予定です)

様々な角度から、ドクターに役立つサイトを徹底的にご紹介。(リンク募集中です)

<京都開催> 看護研修 「一般病棟における 重症患者の全身管理と看護」

2016年02月20日 00:00

一般病棟で管理が必要な急変・重症化患者に対し、限られた人員や設備の中で、何に注意しながら看護していくか。「心不全・呼吸不全」を中心に、諸症状のアセスメントや重症患者の全身管理と看護のポイントを具体的な症例を通じて学びます。

☆頸動脈超音波検査 少人数制ハンズオンセミナー 【東京】

2016年02月20日 00:00

頸動脈エコー
Bモードでの描出とドプラ法の手技まで! 頸動脈超音波検査の手技を丁寧に解説し、実際の装置を用いた少人数制の実技講習会(ハンズオンセミナー)です。

☆腹部エコー ハンズオンセミナー 【東京開催】

2016年02月20日 00:00

腹部エコーを難しく、複雑に考えていませんか?
シンプルでわかりやすい初級者のための実技講習会(ハンズオンセミナー)です。

経営トップ・企画室のための2016年診療報酬改定

2016年02月20日 00:00

 2016年の診療報酬改定は、近年の診療報酬改定と違い、病院経営にとって2006年以来の影響を与える可能性があります。特に、マイナス改定となる2016年の診療報酬改定は、破綻する病院も多く出ることが予想されます。
 これまで厚生労働省は、医療の効率性をあげることを医療政策の中心としてきました。今後も病院経営を安定させていくためには、これまでの診療報酬改定も踏まえ、2016年の診療報酬改定でスピード感を持って当たらなければなりません。
 2014年の診療報酬改定で地域包括ケア病棟に、すぐさまとりかかった病院は、2014年と2015年の収支がよかったと聞きます。如何に、病院経営に効果がある試みに対しては早めに取り組むかがポイントであることは間違いありません。
そこで、2016年の診療報酬改定への対応と組織的な対策について説明したいと思います。

1.医療政策の方向性
2.2016年診療報酬改定概要
3.外来に対する対応
4.入院に対する対応
5.在宅医療に対する対応
6.今回の改定のポイントに対する企画と調整
7.質疑応答

【東京開催】心エコーハンズオン集中スクール(未経験者スタートアップコース)

2016年02月20日 00:00

心エコー検査のご経験がまったくない方、始められたばかりの方、他領域のエコー検査のご経験はあるがブランクがある方など、これから心エコー検査を始めたい方が対象になります。
心エコー検査を行うにあたって、最も重要になる断層法をしっかりと身につけていただくことが目的となります。

老人介護 基本の"き"【高知】

2016年02月20日 00:00

新しい認知症ケアと新しい介護技術を基礎の基礎から学んでみませんか?

◎食事、排泄、入浴ケアの基本
お年寄りが心身共に落ち着いて生活するための基盤は、食事、排泄、入浴ケア。生活の場において介護が目指す方向性を学びます!

◎認知症ケアの基本
医学から人間学のケアへ。問題行動はお年寄りからのメッセージ。認知症のお年寄りの気持ちとメッセージに込められた本当のニーズを学びます!

◎《実技》介護技術の基本
腰を痛めない介護技術をマスターしよう! 身体を密着させた身体介助は腰痛の原因です。NHKでも大反響を呼んだ、お年寄りの残った力を最大限に引き出す、生理学に基づく“目からウロコの介助法”を学びます!

創傷管理 セミナー2016 (看護師向け) <東京会場>

2016年02月20日 00:00

このセミナーでは、創傷管理の専門医である切手俊弘先生から、
講義と実演を交えて、創傷管理に必要な基礎知識と応用力を
養っていただきます。
また、できる限り、参加者の皆さんに、実演が見やすく、講師に
質問しやすい環境(講師に近い環境)で、受講していただくために、
60名限定とさせていただきました。

高齢者に対する軟部組織テクニックセミナー

2016年01月17日 00:00

高齢者の方に対してストレッチをしてもあまり効果が出ていないことはありませんか?
「高齢者に対する軟部組織テクニックセミナー」ではそんなあなたのお悩みを解消します!

※高齢者の方に対する筋膜テクニックセミナーでお伝えする内容は【IAIR認定「筋膜軟部組織テクニックセミナー」でお伝えする内容の一部です。

筋膜テクニックセミナーで身に付くテクニック
は以下の通りです。
・腹部ポンピングテクニック
・頸長筋リリーステクニック
・僧帽筋リリーステクニック
・胸鎖乳突筋リリーステクニック
・横隔膜リリーステクニック
・胸郭出口リリーステクニック
・大腰筋~腸骨筋間のリリーステクニック
・骨盤隔膜リリーステクニック
・腸腰筋~大腿四頭筋間のリリーステクニック
・大腰筋リリーステクニック

介護職・専門職が学ぶ拘縮予防、改善の姿勢ケアセミナー【東京】

2016年02月20日 00:00

拘縮が進んでいる方など、体がねじれたまま車イスやベッド上で過ごされていませんか?
正しく姿勢を整える事で、身体の緊張が和らぎ、拘縮悪化を予防し、生活動作も楽になる場合があります。
介護現場ですぐ生かせる拘縮予防の知識や、正しいポジショニング、シーティングを実技を交えながら分かりやすくご紹介します。

発達障害・高次脳機能障害どのように対応するかー小児から高齢者までー(広島)

2016年02月20日 00:00

我が国において、発達障害は60万人、高次脳機能障害は50万人、認知症は462万人と言われます。
老若男女合わせて600万人近くの人々が高次脳機能に問題を抱えていることになります。
今回のセミナーでは、子どもから高齢者まで、高次脳機能の問題にどのように対応し、いかにリハビリテーションを行うのかについて、実践をまじえて解説します。

内容
脳の3つの機能
インプット・アウトプット障害
発達障害とは
高次脳機能障害とは
自己モニタリングの障害
高次脳機能の評価法
症状と対応法
回復のためのリハビリテーション
感覚を整える
姿勢を整える
歩行を整える
柔軟性を維持する
社会制度の活用
集団リハビリテーション「羅心版」の実践
よくなるための3つの秘訣

有限会社メディカルスクウェア(医療系人材サービス・紹介)医師専用ダイヤル:0120-411-499(無料)
本社:〒542-0081 大阪市中央区南船場4-11-17 船場MKビル7階 TEL:06-4704-6640 FAX:06-4704-6641 
有料職業紹介事業許可番号 【27-ユ-300102】

会社概要個人情報保護方針お問合せ