医療ニュース 役立つ医療関連最新ニュースをピックアップ

HOME医療ニュース > 最新の医療・介護セミナー研修のリリース情報(1)

ドクターに、医療現場に役立つ情報やセミナーニュースを配信。毎日の情報収集にお役立て下さい。

様々な分野で実績ある医師をインタビューし、リアルな声を皆様へお届けしています。

関連コンテンツ

情報交換の場に活用。医師が集うSNS。
(このサイトは、現在公開予定です)

医師が発信するブログコンテンツサイト。

d-sqを運営する(有)メディカルスクウェアのスタッフのブログです。毎週更新しています。

医師・医療機関の方に必要な商品を販売するECサイト(このコンテンツは現在公開予定です)

様々な角度から、ドクターに役立つサイトを徹底的にご紹介。(リンク募集中です)

臨床で確実に結果が出せる徒手テクニック基礎セミナーin東京

2015年10月10日 00:00

経験の少ないセラピストでも確実に結果が出せる即効果テクニックをお伝えします!

このセミナーでは中々臨床で結果が出せにセラピストの為に、

  数あるIAIRテクニックの中から確実結果が出せる技術を選出しお伝え致します。







「IAIRテクニックに興味はあるけど・・。本セミナーに申し込むのには躊躇しちゃう」



         そんなあなたの為の企画です。







     あなたの周りにもこんなセラピストいませんか?
       ↓       ↓       ↓


 × 自分の経験年数が恥ずかしくて言えない「経験年数だけPT(OT)」
 × 出来る後輩に対して劣等感を持っている「コンプレックスPT(OT)」
 × 結果は出せないのに理屈で誤魔化してばかりの「オタクPT(OT)」
 × 治療よりも周りの批判が上手い「自称評論家PT(OT)」
 × 結果が出ないのを患者さんのモチベーションのせいにして逃げる「無責任PT(OT)」

 × 職場を変えたくても実力的に働ける分野が限られている「リストラ候補PT(OT)」
 × 臨床実習生にしか偉そうな事が言えない「ダメPT(OT)」



   あなたの職場にもこのようなセラピストはいませんか?



       あなたは、そうはならないで下さい!



そうならない為の解決策は!?:
 患者様と周りを納得させるだけの結果が出せるセラピストになる勉強をする!


 この中に一つでもあなたの目標と同じ項目があったら受講をお奨めします。

 ■とにかく結果が出せる様になりたい!

 ■本当の意味で患者さんの役に立てるセラピストになりたい!

 ■患者さんに確実に選ばれるセラピストになりたい!

 ■どんな現場でも活躍出来るセラピストになりたい!

 ■本当のプロフェッショナルになりたい!

 ■将来リストラされるようなセラピストにはなりたくない!

 ■自費の現場でも通用するセラピストになりたい!

[セミナーの説明]*必ず観て下さい
https://www.youtube.com/watch?v=DiLGD-70CMg&feature=youtu.be



         [ 講 習 内 容 ]


 上肢、体幹、下肢それぞれの部位で特に結果が出しやすいテクニックを集めて紹介致します。

 臨床ですぐに実践出来るテクニックばかりです。

*紹介するテクニック自体は新人セミナーと共通となっています。

1、体幹:腹部ポンピング

2、上肢:肘関節(橈骨頭の亜脱臼)調整テクニック

3、下肢:腓骨のアライメント調整テクニック

4、体幹:大腰筋と腸骨筋のリリーステクニック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



<1、体幹:腹部ポンピング>

腹部の血流増加を目的に、腹部を3箇所押すだけのテクニックです。

治療効果:

・脊柱の柔軟性向上

・腹部~下肢への血流循環向上

・インナーマッスルの機能改善

・立位安定性向上


<2、橈骨頭の脱臼修復テクニック>

橈骨輪状靱帯から脱落している橈骨頭のアライメントを修復するテクニックです。

治療効果:

・体幹背部の筋緊張の改善

・肩関節の可動域改善

・前腕の回内外可動域の改善

*橈骨頭の脱臼は多くの患者さんにみられる現象です。橈骨が脱臼すると前腕の可動域が減少し、その影響が肩関節→体幹背部と悪い連鎖を作り出します。

このような変化があります!
https://www.youtube.com/watch?v=4Qsn6ZoUc24
https://www.youtube.com/watch?v=myF5SstsI60


<3、大腰筋と腸骨筋間のリリーステクニック>

大腰筋と腸骨筋の両方を合わせて腸腰筋と言いますが、

多くの患者さんはこの両筋間が癒着しており互いの機能が十分に発揮出来ない状態に陥っています。

治療効果:

・腰椎〜骨盤〜大腿骨の分離性の改善

・腸腰筋性の腰痛の改善

・立位バランスの改善

・歩行機能(特に立脚層)の改善

<4、腓骨のリ・アライメントテクニック>

加齢と共に外側下方にアライメントが崩れてしまう腓骨の調整テクニックです。

治療効果:

・外側に落ちている重心がしっかり脛骨(内側)に乗り、立位が安定します。


[ 受講生からの感想 ]
・患者さんの喜ぶ顔が見れるよう練習して自分の技術にしたいと思った
・患者さんに還元したい
・とても丁寧に教えていただき、理解を深める事ができた
・1年目には技術向上の場が必要
・実技が多く、指導が丁寧、緊張せずに学べた
・自分の身体で体験することで実感が持てた
・すぐに効果が実感出来て楽しかった


IAIRは受講者さんの技術習得率を非常に重視しております。
受講される方に対して習得率を上げる為に以下の事柄を推奨いたします。
・受講時学んだ技術は必ず臨床で使用して下さい。
・IRA主催の復習会にご出席下さい。
・DVD教材を用いて受講前の予習、受講後の復習を行って下さい。
・同僚の方と一緒に受講し、職場で毎日10分でもいいので練習会を行って下さい。
・学んだ技術がある程度臨床レベルで使える様になったら職場で伝達講習会を開催して下さい。
*上記の内容に関しては義務ではありませんが、実践する事でかなり習得率が高まることを保証いたします。

注意:IAIRは受講者の方の技術習得を一番に考えています。以下の様な方は外の受講者の迷惑になりますので受講をお控え下さい。
・学ぶだけで復習しない方
・自己満足の為に受講される方
・臨床で実践して出来ないとすぐ諦めてしまう方
・治療結果の追求よりも理屈の方が好きな方
・患者さんのことを真剣に考えない方
・自分の将来を良くする為の努力をされない方

[よくある質問]

Q、基礎が出来ていなくても大丈夫?
A,結果を出せる考え方、結果が出せる解剖の勉強の仕方、結果が出せる患者さんとの接し方等、セラピーの根本原則から教えています。

Q,評価さえ出来ていないのに大丈夫?
A,正確な評価とは「問題の分析」→「問題点の抽出」→「治療による問題点の検証」
この3工程が必要になります。つまり「治療」が出来なければ「検証作業」が出来ないので正確な評価は不可能になります。だから「結果を出す事」から学ぶのです。そして、患者様は絶対的に「結果」を求めています。

Q、自費の技術を学ぶ前にリハビリの方をしっかり学ぶべきなのでは?
A、「自費の施術」「リハビリ」と分けてはいますが、実際にはどちらも同じ人の身体に対して施す事なので大きな違いなどありません。あるのは「自費現場の技術は大きな結果が出せる」という事実だけです。

Q、難しいのでは?
A、IRAの講義は「結果を出す」ことだけに焦点を当てている為、非常にシンプルで習得率の高い内容となっています。多く受講生は学び初めて1~2年で「出来る先生」と患者様に認知されるようになっています。

         [ 講 習 会 詳 細 ]

*こちらの新人向けプログラムは、少しでも新人の方に結果を出す素晴らしさをお伝えする為に他IAIR講習プログラムと比較して安価にて提供させて頂いております。

受講料 :7,900円(税別) 返金保証付き!

講 師 :IAIR認定アドバンスインストラクター

対 象 :理学療法士、作業療法士、言語聴覚士(経験年数三年目まで)

返金保証:講義の内容に不満がある場合は無条件で全額返金いたします。

     講義後に事務局までご連絡下さい。

            保証制度を導入します!


IAIRテクニックの症例別効果「症例別効果」
http://urx.nu/hD9U
IAIRセミナー受講者の声「受講者の声」*必ずご覧下さい!
http://urx.nu/hD9r


詳細・お申し込みはコチラから
http://irajapan.jp/experience/

【東京開催】甲状腺エコー集中スクール(半日コース)

2015年10月10日 00:00

甲状腺エコーについて、必要な解剖の理解をしていただいたうえで、装置の設定、描出範囲、断層像による描出方法やテクニックなどについて実習を行います。さらに実際の症例を見ながら、評価の仕方や報告書の書き方についても習得していただきます。

※1グループ6名までの少人数制で学んでいただきます。

※ 講師は現役で病院に勤務するベテラン現役超音波検査士です。

※日本乳腺甲状腺超音波診断会議が発行する、「甲状腺超音波診断ガイドブック」に基づいた検査法で行います。

【東京開催】心エコーハンズオンスクール(疾患別アプローチ実践コース)

2015年10月10日 00:00

現在、ルーチン検査を行っているが、熟練者の「コツ」や「ワザ」を身につけてさらにスキルアップしたい方を対象とするコースです。

乳腺エコーハンズオンセミナー  ☆実践「乳腺エコー」モデルを使った実技講習会です☆ 【東京】

2015年10月10日 00:00

なぜ いま乳腺エコーなの? 

乳がんの発見だけでなく、質的診断や広がりといった高いレベルの診断が可能な乳腺音波検査は、絶対に身に付けておきたい領域です。

乳腺エコーは、乳がん検診においても大きな効果が期待できる事から、取り入れる施設も急増しています。

US-ismのハンズオンセミナーは、実際の現場で乳腺エコーの経験豊富な講師(超音波検査士)が、乳腺エコーの技術面だけでなく、乳腺疾患症例を提示、疾患の考え方や検査に対する心構えまでも丁寧に解説する貴重な実技講習会(ハンズオンセミナー)です。

☆頸動脈超音波検査 少人数制ハンズオンセミナー 【東京】

2015年10月10日 00:00

頸動脈エコー
Bモードでの描出とドプラ法の手技まで! 頸動脈超音波検査の手技を丁寧に解説し、実際の装置を用いた少人数制の実技講習会(ハンズオンセミナー)です。

2018年大改革に勝ち残る介護事業経営戦略セミナー

2015年10月10日 00:00

13:30~15:30

Ⅰ.「2025年以降激変する地域の医療介護需要と
       マーケティングを生かした医療法人・社会福祉法人の生き残り戦略」

   ~2015年介護報酬改定をチャンスに業績の再構築行い
             2018年同時改定に対応できる組織づくりと経営戦略~

15:40~17:40

Ⅱ.「2015年介護報酬改定を完全克服する施策と
                   2018年同時改定を展望した経営戦略」

   ~人材倒産時代に対応した人事制度構築と
                 地域の競合に勝ち抜く差別化戦略~

社会福祉法人若竹大寿会 法人本部本部長 石垣 修一 氏

17:40~18:00

Ⅲ.全体質疑・全体討論

座長 保健・医療・福祉サービス研究会 代表 田中 優至 氏

ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社 代表取締役社長 本間 秀司 氏

社会福祉法人若竹大寿会 法人本部本部長 石垣 修一 氏

【 福島開催! 】心エコーハンズオンセミナー 

2015年10月10日 00:00

このセミナーは
・今から心エコーを始める
・心エコーの練習段階である
・Bモード画像が上手く出せない
という方にオススメする少人数制(5名)のセミナーです。

「難しいところを整理して考える」ことにより、とても楽しくなる心エコー。
プローブの持ち方・動かし方から確実に習得できますので、「ゼロからのスタート」の方も大歓迎です。

予め送付するテキストに目を通すことにより、スムーズにセミナーに入ることができます。

姿勢と歩行について in北九州

2015年10月10日 00:00

テーマ:姿勢と歩行について 

研修概要:
本講演では,姿勢と歩行におけるバランス維持のメカニズムや障害の理解について,「中枢・身体・環境の相互作用」という観点でアプローチすることの重要性について解説する。
立位姿勢の維持であれ歩行であれ,それ自体は中枢神経系の司令に基づく筋骨格系の振る舞いである。
しかし,だからといって筋骨格系が中枢神経系に隷属的に支配されている,という関係にはない。
歩行では,振り出した下肢が環境に作用することで,様々な感覚情報が生起する。
中枢神経系は,この感覚情報を受容することで状況を把握し,事後の司令内容を微調整する結果,
常に安定したバランスを維持することができる。このように見れば,
むしろ筋骨格系と環境の相互作用が中枢神経系の司令を形作っているといっても,過言でない側面がある。
本講演では,こうした主張を支える様々な研究事例を紹介する。
1)「中枢・身体・環境の相互作用」に関する理論的背景
2)姿勢の知覚・認知制御
3)歩行の知覚制御
4)歩行の認知制御

【 横浜開催!】腹部エコーハンズオンセミナー

2015年10月10日 00:00

このセミナーは
・今から腹部エコーを始める
・既に始めているが、練習中である
・なんとか撮れるが、試行錯誤している
といった方にオススメするセミナーです。

「少しでも質問しやすい環境を作る」ために、受講者の上限を5名に設定し、実際の装置とモデルを使用し、解剖・描出のコツ・装置の操作方法などをきちんと習得していただきます。

楽しく腹部エコーを学んでいただくため、テキストを予め発送し、予習した上で受講していただけますので、スムーズに講義に入ることができます。

介護援助場面における効果的な関わり方(福岡)

2015年10月10日 00:00

事例から学ぶ介護職のための高齢者ケア学習会

~事例をもとにした3大介護(食事・排泄・入浴)の改善策の視点~
①高齢者の特徴の理解
②何故、私たちは誤った介護をしてしまうのか
1.思い込み 2.固定観念 3.規範 4.観察力 5.医学的知識
③看護と介護は連携できるのか
④自立支援とは―エビデンスの必要性
1.オムツゼロ 2.胃ろうゼロ、褥瘡ゼロ、骨折ゼロ、拘束ゼロ
⑤自立支援を促進させるために―俯瞰的(全体的)視野の必要性
1.生活史を見る 2.関心を寄せる 3.疾患の特徴を掴む
4.現状を把握分析する 5.家族関係 6.よい人間関係を築く
⑥QOLとQOD

有限会社メディカルスクウェア(医療系人材サービス・紹介)医師専用ダイヤル:0120-411-499(無料)
本社:〒542-0081 大阪市中央区南船場4-11-17 船場MKビル7階 TEL:06-4704-6640 FAX:06-4704-6641 
有料職業紹介事業許可番号 【27-ユ-300102】

会社概要個人情報保護方針お問合せ