医療ニュース 役立つ医療関連最新ニュースをピックアップ

HOME医療ニュース > 最新の医療・介護セミナー研修のリリース情報(1)

ドクターに、医療現場に役立つ情報やセミナーニュースを配信。毎日の情報収集にお役立て下さい。

様々な分野で実績ある医師をインタビューし、リアルな声を皆様へお届けしています。

関連コンテンツ

情報交換の場に活用。医師が集うSNS。
(このサイトは、現在公開予定です)

医師が発信するブログコンテンツサイト。

d-sqを運営する(有)メディカルスクウェアのスタッフのブログです。毎週更新しています。

医師・医療機関の方に必要な商品を販売するECサイト(このコンテンツは現在公開予定です)

様々な角度から、ドクターに役立つサイトを徹底的にご紹介。(リンク募集中です)

2015年 アサーション・トレーニング ワークショップ特別編(2泊3日) 【11月21日(土)13:00開始~23日(月・祝)16:00解散】

2015年11月21日 00:00

「主な内容」
通いで行っている通常のベーシックコースではアサーションの理論となる5つの領域(1.自己表現とは、2.自己表現における基本的権利、3.認知上のアサーション、4.言語上の自己表現(問題解決場面において)、5.非言語上のアサーション)について講義と話し合い・実習を通じて理解することを目的としています。 今回のワークショップ特別編では通常のベーシックコースで用いる様々なチェックリスト(教材)に加え、アサーションが難しくなりがちな場面についてのディスカッションや、グループワークを通して「理解」と「気づき」を深めていくことを目指します。 アサーションとはどのようなものなのか?はもちろん、権利として自己表現していくことや相手の権利を大切にすることの意義、多様なものの見方・考え方がある中で自己表現していくことの大切さと難しさなどをじっくり時間をかけながら考えて行きたいと思っています。 「理解」+「気づき」によりアサーションを身につけていくことは自分らしくアサーションしていく確かな足がかりとなるでしょう。初めてアサーションを学ぶ方はもちろん、すでに学んだことはあるが再確認・ブラッシュアップしたいとお考えの方のご参加も歓迎します。

こんな方におすすめします

アサーションの考え方をしっかり身に付けたいという方

アサーション習得のベースとなるテーマのうち、「人権としてのアサーション」や「考え方をアサーティブにする(認知の問題)」、それに「課題解決場面におけるアサーションであるセリフ作りのステップ(DESC法)」の3つを、ベーシックコースで要するセッション時間より多く取ることを予定しています。もちろん、単純に時間を延長するのではなく、ベーシックコースでは、体験出来ないワークを用意していますので、それが「理解」+「気づき」(つまり納得)をもたらすと信じています。


コースとして新しく挑戦すること

より受講生に理解を深めてアサーションを学んでもらうこと 
グループワークで体験し、学び、楽しめる教材をご用意しています 

セッション時間に余裕を持てるということをどう活かすか考えています。例えば、「人権とアサーション」というテーマは、アサーションにとってとても重要な視点であることは理解出来ても、権利として行使出来そうというところまでは時間を要するのが常です。しかし、今回は時間的に余裕をもって臨めます。その分、「そうか、そんなふうな視点で捉えてみると、アサーション権って、使えた方が楽なんですね」と受講生のみなさんに感じてもらえるのではないかと考えています。またそうなるようスタッフもチャレンジしようと思っています。
なお、アサーション漬けの3日間になりますが、硬い話だけでなく、くつろげるワークや、楽しめる教材を用意します。当日を楽しみにして下さい。

介護福祉士国家試験 全国統一模擬試験(第1回)

2015年11月21日 00:00

ライフケアスクールでは、来年1月に実施される第28回介護福祉士の国家試験に向けて、全国統一模擬試験を梅田と茨木で開催します。

毎年多くの受験生が参加する大手出版社主催の模擬試験。

本番前に自分の実力と弱点を把握して、一発合格を目指しましょう。

模試は問題内容の違う第1回と第2回の2部構成。

第1回又は第2回のみの受験も可能。

採点後は詳しい解説書と全国レベルの成績表をご自宅まで郵送いたします。

介護福祉士養成校のベテラン講師が担当する、国試対策講座と同時お申込みで、割引受験ができます。

多くの方のご参加をお待ちしています。

第14回中医学研修研修講座

2015年11月21日 00:00

「中医学研修講座」は日本東方医学会が主催する本格的な中医学セミナーとして、第14回を迎えました。今年は2年間シリーズ《基礎編(1年コース)・臨床応用編(1年コース)》の基礎編として中医基礎理論・病態・診断・治療・方剤・生薬などの基礎を学んでいただけます。そのため中医学に造詣の深い講師陣をお迎えいたしました。皆様のご参加をお待ちしております。

主任セミナー step3

2015年11月21日 00:00

step3 実践で成果を出す方法
○看護師の成果
○部署内の問題に取り組む
 地頭力/論理的思考/フレームワーク思考/ロジックツリー/ブレークスルー思考/
 看護部(部署)のあるべき姿から考える
○改善・変革に取り組む
 PDCAサイクル/教育と変革/レビンの変化3段階/コッターの変革8段階/
 マネジメント活動の進め方
○会議の進め方
 会議は次の行動を生む
○標準化と仕組みつくり:看護基準の活用
 看護基準・手順は看護部の知識の結晶/基準・手順によって看護の質を保証
○標準化したことを指導
 基準を教育/基準で教育評価/

生活相談員速習講座 相談業務と書類管理をまるっとつかむ2日間【11/21-22・八重洲】

2015年11月21日 00:00

【講座のテーマ】
○介護保険制度の概要と、日本の社会保障制度を理解する
○介護事業所と生活相談員の位置づけや役割
○的確に聞き取るコミュニケーションのコツ
○実地指導や監査を見据えた介護記録の残し方
○法改正から読み解く介護事業の今後


生活相談員は、利用者や家族、ケアマネや主治医との連携など、事業所の顔であり柱になる存在です。

また、利用契約などの書類手続きや、その他書類管理など、コンプライアンスやエビデンスを理解していないと務まらない役割を担います。

特に少数精鋭の骨太体制が必須の小規模事業所では、生活相談員の活躍が事業所の命運を分けるといっても過言ではありません。

生活相談員は、人間力やコミュニケーション能力が求められるやりがいのある職種です。

2日間速習講座では、介護保険制度の基本から、相談員の位置づけや役割を全体像でつかみます。

信頼される生活相談員になるための2日間。ここで大きく一歩前進が期待できます。

11月21-22日(土日)10:00-18:00 30,000円

生活相談員、管理者、事業主、介護職員、どなたでもご参加いただけます。(資格取得の講座ではありません)

さらに本講座のステップアップ講座として、
介護事業のマネジメント講座を位置付けています。

併せてご受講の方には割引特典もございます。
それぞれ単独でのご受講も承ります。

http://soudan-in.net/index.php?management-kouza

【八重洲】介護事業所の生活相談員速習講座(11/21-22)

2015年11月21日 00:00

本講座は、生活相談員として基本業務ができるようになることを目的とした2日間の速習講座です。

介護サービスとは何か、老化とはどういう現象かなど、高齢者との接し方についても知り、介護経験が無い方でも初めての職種で戸惑わないように心構えを学びます。(資格取得の講座ではありません)

また、生活相談員だけではなく、管理者や経営者の方にもおすすめです。介護保険制度の法的位置づけや、介護事業所の役割など、基本から改めて見つめ直すことで、事業所運営のツボや、職員が定着するマネジメントのポイントを再確認できます。

●自信を持って相談業務に当たれるように、やるべきことの再確認をしたい。

●介護未経験だが、社会福祉主事任用資格を有していることを知り就労。基本的なことだけでも短時間で学びたい。

●生活相談員や介護職員のマネジメントに苦労している。管理者として指導できるようになりたい。

●現場では孤軍奮闘。気軽に相談できる生活相談員仲間が欲しい。

●27年度法改正で事業所の方向が見えない。何かヒントはないだろうか。

最新の高齢者介護における緊急時対応(名古屋)

2015年11月21日 00:00

緊急時対応の原則をきちんとスタッフまで知識や技術を浸透させ、普段からの準備や観察のポイントを押さえます。緊急性の見極めからさまざまな症状に対する初期対応を理解することで重症化を防ぎます。最新の緊急時対応のあり方を学びます。緊急時チェック表、救急要請情報提供書、誤飲一覧表等の資料付。

1.緊急時対応の原則
2.異常の早期発見につなぐ普段の観察
3.緊急性の見極め
4.医療と介護の連携
5.緊急事態発生時について
6.救急車を呼ぶタイミングとその準備について
7.意識障害への対応
8.体温・呼吸・脈拍・血圧の異常
9.熱中症
10.緊急性の高いバイタルサイン
11.痛みへの対応
12.嘔吐・下痢への対応
13.誤飲・誤嚥(食事介助のポイントなど)・窒息
14.骨折が疑われる時の対応
15.けがや出血などの対応
16.やけどの対応

★現場で役立つ看護記録★【東京】

2015年11月21日 00:00

看護記録の趣旨と法律って知ってますか?
病院でやっている記録の記載は方法は本当に法律に沿ってできていますか?
今日では医療訴訟や記録の開示などを求められ、不安に思う方も多いと思います。
そんなあなたに本セミナーがあります!
記録のリスクを理解し、記録の書き方を正しく学ぶことで病院や自分自身の身を守ることと、患者さんの状況が見えやすくすることができます。
いつも正しいと思って記載していたことが、実はNGだった・・・。
そのたびに会場内で「エッ!?ダメなの!?」と、どよめきが起こります。
記録の文章表現も、開示に耐えられる表現方法や確認印ひとつとっても、実は正しいやり方あります。
正しい記録の記載方法を楽しく学んでいきましょう!




① 看護記録の目的・意義

② POSとは

③ 看護記録の法的な位置づけ

  ◇看護記録の法的証拠能力 ◇開示に耐えられる記録とは
  ◇記録する上での留意点   ◇行ってはいけないこと

④ 看護記録の表現

  ◇事例紹介 ◇看護記録の訂正方法

⑤ 記録短縮の工夫

  ◇記録時間がかかる理由 ◇フローシートの工夫

⑥ 記録の実際
  ◇インシデント・アクシデントの記録
  ◇悪い記録・良い記録

頸髄損傷に対するリハビリテーションの可能性

2015年11月21日 00:00

キーワード:「頸髄損傷」、「生態心理学」、「アフォーダンス」

脊髄損傷に対するリハビリテーションの考え方は大きく変化しているといっても過言ではありません。

従来の治療内容は残存筋の筋力強化や可動域の確保、補助具を利用した動作能力の拡大が中心に進められていましたが、近年の治療は「行為とは自分の身体内部の動きで外部の環境を変化させるわけではなく、探索して知覚するという活動に基づく相互関係を作り出すこと」という“生態学的概念”を取り入れることで代償的リハビリテーションから変化しつつあります。実際の臨床においても頸髄の完全損傷と診断された患者の体幹や下肢に少し運動や感覚がよみがえるケースに出会うことがあるのも事実です。このことからも最初から完全麻痺だから残存機能にアプローチをするという考え方はあまりにも軽率なのではないか?と考えます。

今回のセミナーでは脊髄損傷のリハビリテーションの分野において第一線でご活躍され続けておられる神奈川県立保健福祉大学・教授の玉垣努先生をお招きし、頸髄損傷のリハビリテーションの基礎から“生態心理学”や“アフォーダンス”の概念を取り入れたリハビリテーションの考え方、実際のアプローチ方法の実技などについてご講演いただきます。
積極的なご参加お待ちしております。

11月21日 【新宿開催】【介護 × アロマ】第5回 変わる!アロマ講座 〜高齢者とアロマテラピー編〜

2015年11月21日 00:00

《祝》1周年記念セミナー!!

第5回 変わる!アロマ講座
 〜高齢者とアロマテラピー編〜を開催します!!

昨年9月より開始し、
「介護現場や実生活でアロマを手軽に楽しく活用する!」
をテーマに1年以上開催していきました。



毎回アロマの基礎知識から介護・医療現場への応用法を
プロのアロマセラピストにわかりやすく教えて頂き、
現場でも使えるアロマレクリエーションを提供している講座です。


毎回好評を頂き、今年の8月にはMEDICAL FUTURE FES 2015にて
80名以上の医療学生の方々を対象に講演をさせていただきました。

MEDICAL FUTURE FES 2015についてはこちら
→http://medicalfuturefes2015.jimdo.com/


今回のアロマのテーマは
『高齢者とアロマテラピー』
アロマを導入している介護施設は多くなってきましたが、効果効用を
活用してサービスを提供している施設はまだまだ少ないと思います。

認知症ははじめ、転倒予防に有効なアロマとは?
食欲不振に有効なアロマとは??

現場の悩みにお答えする実践的なセミナーとなっています。



このセミナーを受けることで、
------------------------------------------------------------------------------------

・介護現場で使えるアロマの基礎知識をわかりやすく学ぶことができる。

・アロマクラフトのワークショップを通じて、楽しく、実践的に
 介護現場でのアロマの活用方法を学ぶことができる。

・自分自身の日常生活の中で手軽にアロマを活用できる。

・介護現場の中で高齢者の方や職員も楽しめる
 “アロマレクリエーション”を実施できる。

-----------------------------------------------------------------------------------




もし、介護現場や実生活で『アロマを手軽に楽しく活用したい!!』
という方がいればぜひご参加頂ければと思います。




以下、詳細となります!!

有限会社メディカルスクウェア(医療系人材サービス・紹介)医師専用ダイヤル:0120-411-499(無料)
本社:〒542-0081 大阪市中央区南船場4-11-17 船場MKビル7階 TEL:06-4704-6640 FAX:06-4704-6641 
有料職業紹介事業許可番号 【27-ユ-300102】

会社概要個人情報保護方針お問合せ