医療ニュース 役立つ医療関連最新ニュースをピックアップ

HOME医療ニュース > 最新の医療・介護セミナー研修のリリース情報(1)

ドクターに、医療現場に役立つ情報やセミナーニュースを配信。毎日の情報収集にお役立て下さい。

様々な分野で実績ある医師をインタビューし、リアルな声を皆様へお届けしています。

関連コンテンツ

情報交換の場に活用。医師が集うSNS。
(このサイトは、現在公開予定です)

医師が発信するブログコンテンツサイト。

d-sqを運営する(有)メディカルスクウェアのスタッフのブログです。毎週更新しています。

医師・医療機関の方に必要な商品を販売するECサイト(このコンテンツは現在公開予定です)

様々な角度から、ドクターに役立つサイトを徹底的にご紹介。(リンク募集中です)

12/2 【銀座開催】【当日修了証発行】【緩和ケア・認知症予防】ハンドリフレクソロジー入門講座

2015年12月02日 00:00

いつでも・どこでも・手軽にできるハンドリフレ。
そっと触れられた時、手から伝わる温もりで、
体も心もホッと和んだことはないですか?

◆患者様、入居者様とのコミュニケーションで使いたい方
◆ボランティア活動に参加したい方、
◆家族の介護のケアで使いたい方

90分で3つの基本テクニックとポイント覚えていただけます。

ハンドの効果を体感したい方にオススメの講座です!

※講座終了時に修了証をお渡します

<12/2東京開催>持続可能な病院経営を実現する 新・公立病院改革プラン策定セミナー

2015年12月02日 00:00

新・公立病院改革ガイドラインでは、平成27年度又は平成28年度中の改革プラン策定が求められています。本セミナーでは、当社の豊富な公立病院支援実績を踏まえ、事例を交えながら持続可能な病院経営を実現するための新・公立病院改革プラン策定方法についてお伝えします。

2016年度診療報酬改定 リハビリテーション関連領域の最新情報セミナー in島根

2015年12月02日 00:00

2016年診療報酬改定まで半年余りです。

近年の診療報酬改定では、リハビリテーション関連領域の変更が大きく、医療現場ではその対応に追われています。

診療報酬改定の度に大きな変更が行われるということは、それだけリハビリテーション分野が国にとって重要であり、今後の期待の現れでもあると言えます。
しかし、その期待に応えることができなければ、市場から撤退することも余儀なくされます。

市場から撤退をしないためには、診療報酬改定に関する正しい情報を得て、未来の変化への準備をいち早く行うことが求められます。

正しい情報があれば、採用戦略、病棟編成、医局や看護部等とリハビリテーション部の連携体制の構築などの活動にいち早く取り組むことができます。

2016年度診療報酬改定では、地域包括ケア病棟の再偏、地域医療構想推進、各病棟の在宅復帰機能強化、急性期病棟の絞り込み、外来リハビリテーションの存続、訪問リハビリテーションの再偏などが予定されています。

本セミナーでは現時点で明らかになっている2016年度診療報酬改定リハビリテーション関連領域に関する情報をお伝えし、来年度の病院経営やリハビリテーション部門の運営を考える機会をご提供いたします。

腹部エコー特訓セミナー(愛知開催)完全マンツーマン!

2015年12月02日 00:00

このセミナーは、たった2名の受講生に対し、モデルを6名(全てシルバー人材)を用意し、約8時間。集中的に特訓し、「ルーチンワークを撮れるようになる」が目標のセミナーです。
今から腹部エコーを始める方。ご開業前に習得されたい方におススメです。
痩せた体型の若年者のモデルで撮れるようになっても、実際には、ちょっと太ってたり、ちょっと痩せてたり、ちょっと年取っていたりしますよね?
教科書通りのセミナーをやるのは簡単なこと。見えやすいモデルを使って、教科書を読んであげればよいだけです。

皆さんが実際に困っているのは教科書通りじゃない方を診る機会が多いからではないでしょうか?
*モデルは全てが老人となります。低血糖発作を考慮し絶食の制限は致しませんのでご了承ください。
*どんな体型でも撮れることも目標の一つですので、モデルの指定は弊社では一切行いません。

心エコー特訓セミナー(愛知開催) 完全マンツーマン!

2015年12月02日 00:00

このセミナーは、たった1名の受講生に対し、モデルを4名(うちシルバー人材等3名)を用意し、約7時間。集中的に特訓を行い、「ルーチンワークを取れるようになる」が目標のセミナーです。
今から心エコーを始める方。ご開業前に習得されたい方におススメです。
見えやすい、若年者のモデルで撮れるようになっても、実際には、ちょっと太ってたり、ちょっと痩せてたり、ちょっと年取っていたりしますよね?
教科書通りのセミナーをやるのは簡単なこと。見えやすいモデルを使って、教科書を読んであげればよいだけです。

皆さんが実際に困っているのは教科書通りじゃない方を診る機会が多いからではないでしょうか?
マンツーマンですので、時間が余ると思います。
もし時間が余ったら仰臥位でもやってみましょう。
そういうシーンもあるのではないでしょうか?

【世界No.1のコーチングメソッド】 MOVEコーチング認定講座【東京平日12月】

2015年12月02日 00:00

世界№1コーチ アンソニーロビンズ氏のメソッドを組み入れたコーチング基本コース“MOVEコーチング”(セルフコーチング講座)
セミナーでは知識を覚えるだけでなく、五感と感情で学び、スキルをご活用いただきます。

-------------------------------------------------------------
■~まずは自分の人生が変わる、意識が変わる~
1.共感力 2.行動力 3.やる気スイッチ
(コーチに必要な基本スキルを手に入れる)
-------------------------------------------------------------
1.共感力
ラポール(※)の築き方から、どのようにす
れば相手(クライアント、同僚、部下、家族)と
の距離を縮めてくれるかトレーニング
します。
※ラポール:相手と自分の間の信頼関係のこと。

2.行動力
人の行動力の源は何か、6つのニーズを学びます。
心の中でアクセルとブレーキを両方踏んでいる状態から、
ブレーキを外して加速できるようにします。

3.やる気スイッチ
やる気の元“レバレッジ”について
2種類のレバレッジを学びます。
夢の実現性を高めるとともに、
障害に負けないはじめの1歩を
踏み出せる勇気を創ります。

【ユニリハ摂食嚥下】 全身の筋緊張制御を行うポジショニングからの 摂食嚥下リハビリテーション理論編 12/2

2015年12月02日 00:00

--------------------------
第1部 理論編
第2部 実技体感編

※※※本セミナーは1部の理論編です。理論編受講後に実技体感編受講をお願いします。※※※
-------------------------


【長期療養生活6年、ADL全介助の症例に、局所的ではなく、全身の筋緊張を一度に落とすポジショニングを行ったところ、拘縮が変化し端座位から自立、20日後にお楽しみのゼリー食を用いた摂食嚥下訓練の介入に至った。】

上記の内容で、2013年9月。岡山開催の第9回摂食嚥下リハビリテーション学会へ口述発表する。

本セミナーは、
この原理と、症例報告から全身の筋緊張制御を行うことでの、呼吸筋、横隔膜、呼吸数の低下(過呼吸の変化)、舌骨上筋群、舌骨下筋群の過緊張の改善、摂食嚥下の変化を報告し、『p×s=mg』の物理学的根拠から認知、高次脳機能、筋収縮様式の変化を熟考し考察する。

★頚動脈エコー トレーニングセミナー 【東京開催】

2015年12月02日 00:00

頚動脈エコー習得“とことん”セミナー

装置1台につき受講者2名で開催する、超少人数の実技セミナー
実際の患者さんを想定したモデル5名を検査します
「もっと少人数で徹底的に学びたい」との要望にお応えして再開しました

★腹部エコー トレーニングセミナー 【東京会場】

2015年12月02日 00:00

腹部エコー習得“とことん”セミナー

腹部エコーを「もっと少人数で徹底的に学びたい」!
装置1台につき受講者2名まで。 実際の患者さんを想定したモデル4名で行う実技セミナーです

【ユニリハ】ポジショニングR.E.D.セミナー 理論編12/2

2015年12月02日 00:00

近年、身体質量と重力を拮抗させた環境で行うポジショニングアプローチを行う事で、筋緊張が安定し、関節拘縮の変化と長時間持続する臨床研究が発表されました。ニュートン物理学、第三法則、作用-反作用の法則の、反作用を限りなく小さくするという、微小重力相対性理論の仮説を実証した結果で、低反撥マットレスを数枚重ねてポジショニングを行うことで仮説の立証に成功しました。この環境をRehabilitatuon & Engineering Design -R.E.D.-とし、2010年より研究が開始されました。
 身体にかかる重力が小さくなり、収縮の必然性がなくなる筋、腱は、柔軟性を取り戻し、神経や感覚入力と相互作用していきます。変化した身体状況は自律神経系の安定(副交感神経優位)や呼吸、循環へと波及し、過緊張、低緊張など異常筋緊張の安定に結びついていきます。
 代表的な例として、長期療養生活を送る、長い年月をかけてもたらされた過緊張や関節拘縮の変化と循環器系の安定例は、これまでの臨床場面では見られなかった新しい発見と、今後の医療に大きく影響する事が示唆されました。低反撥マットレスを身体質量の比重に合わせて積層する環境設定という単純性は、高い再現性と介入者要因に依存しない筋緊張制御となり、誰が介入しても同じ結果となります。このような現象、結果の蓄積により関節拘縮の概念をも、確実に変える力を持っています。
 また、このような筋組織の変化と過緊張、低緊張など異常筋緊張の安定、重度の呼吸器疾患、心疾患患者の心拍数、呼吸数、血中酸素飽和度、血圧の安定は、ワッサーマンの歯車に代表される、筋、呼吸、循環の効率と、三者に対し、同時に介入し結果を出した背景が否めず、内部障害への新たなアプローチとしても期待されています。
 この研究結果を数年にわたり、当学会以外の全国の著名学会に発表、共有し、本年5月に理学療法の全国学会、6月には、作業療法の世界学会にも、2演題の演題採択がされています。医療、医学に携わる日本全国、世界各国の査読者が認めた事実を皆さんと共有すると共に、研究に用いた物品ではなく、臨床現場にあるものだけで結果を残す具体的方法論や、明日からすぐに使え臨床に役立てるポジショニング技術や、在宅介護でのポジショニングの応用をご提案します。

有限会社メディカルスクウェア(医療系人材サービス・紹介)医師専用ダイヤル:0120-411-499(無料)
本社:〒542-0081 大阪市中央区南船場4-11-17 船場MKビル7階 TEL:06-4704-6640 FAX:06-4704-6641 
有料職業紹介事業許可番号 【27-ユ-300102】

会社概要個人情報保護方針お問合せ